アラウベビーの洗濯せっけんとドラム式洗濯機の自動投入機能の相性は最悪?

子育て
記事内に広告が含まれる場合があります。

この記事はこんな人に

  • 赤ちゃんの洗濯をアラウベビーでしている人
  • 洗濯機の自動投入機能を使用して赤ちゃんの洗濯をしようとしている人

赤ちゃんのお世話に欠かせないアイテムとして、アラウベビー製品は多くの親たちにとって頼りになる存在です。

しかし、残念ながらアラウベビーの洗濯せっけんは洗濯機の自動投入機能と相性が悪いです。

本記事では、アラウベビー洗濯せっけんとドラム式洗濯機の自動投入機能の両者の相性について詳しく解説していきます。

赤ちゃんのお世話に役立つ情報を、一緒に見ていきましょう!

「アラウベビー洗濯せっけん」使用可でも不可でもない

我が家が使用している洗濯機はPanasonic製の「NA-LX129AL」です。

このドラム式洗濯機は洗剤の自動投入機能がついています。

洗剤なんて手で計量して入れればいいじゃん!

いえいえ、自動投入機能は便利すぎ!

もう戻れないよ!

自動投入とは、洗濯物の量に合わせて適量の洗剤などを自動で投入する機能です。洗濯のたびに計量して投入する手間がなくなります。

Panasonic公式HPより引用
https://jpn.faq.panasonic.com/app/answers/detail/a_id/31543#gs=eyJndWlkZUlEIjoxMjQ4NSwicXVlc3Rpb25JRCI6MTcsInJlc3BvbnNlSUQiOjU5LCJndWlkZVNlc3Npb24iOiJMX0JGSDZ2cSIsInNlc3Npb25JRCI6InJwbWpINnZxIn0.

自動投入機能は「洗剤」「柔軟剤」「おしゃれ着用洗剤」の3つがあります。

使用可能な洗剤は以下のとおりです。

洗剤の銘柄基準量
・アリエール ・ボールド30ml
・アタック ・トップ ・ニュービーズ25ml
・遠心力2115ml
・ハレタ13ml
・アタックZERO ・ナノックス10ml
・アリエールスピードプラス9ml
柔軟剤の銘柄基準量
・レノアオードリュクス ・レノアリセット16ml
・ソフラン ・ハミング ・フレア10ml
・ふんわりソフラン7ml
おしゃれ着洗剤の銘柄基準量
・エマール ・アクロン40ml
・ボールド32ml

残念ながら公式の取扱説明書にアラウベビーの記載はありません

アラウベビー無くない…?

大丈夫だと思ったんだけどな…

Panasonicさん、なんとかお願いします。

実際の使用経験(洗剤は出てこず…)

我が家ではおしゃれ着用洗剤を投入する場所」にアラウベビーを入れました

するとどうなるでしょう…?

これが、「おしゃれ着用洗剤」にアラウベビーを入れた結果です。

そもそも選択が不可能です。

その上でコネクト部分を見てみましょう。

洗剤を投入する場所と洗濯機を繋いでいる箇所にかたまりができています

これでは洗剤が出てくるわけがありませんね。

私は歯ブラシでこすって除去しました。

自動投入不可でした

自動投入機能が使用できないとなると「手動で洗剤を入れる」しか方法はありません。

Panasonic NX-129al 説明書を引用・加工しています。

手動投入はこちらからになります。

一度自動投入を経験していると手動投入が面倒すぎます。

もうあのときに戻れません。

洗剤用に入れれば自動投入は使える…?

試してはいませんが、洗剤用の場所にアラウベビーを入れれば、自動投入機能が使用できるのでは無いかな?と考えます。

洗剤と同じと考えると…

入れるのはここだわな。

おしゃれ着用洗剤に入れるエマールやボールドを使用したこともありますが、かなりサラサラしていますよね…?

アラウベビーの洗濯せっけんとは、かなり性質が違います。

よし、じゃぁ洗剤の場所にアラウベビーを移し替えよう!

いやぁ、自分たちの洗濯物あるじゃん…

あっ…

ドラム式洗濯機の自動投入機能とアラウベビーの洗濯せっけんは相性が悪い!

アラウベビーと自動投入機能の相性について探りました。

残念ながら今現在は手動でアラウベビーを投入するしか方法はありません

理由としては以下のとおりです。

  • 説明書に記載がない
  • 成分が違う
  • 移し替える手間がかかる

ただし、「だからドラム式洗濯機はいやだ!」は損な考え方です。

ドラム式洗濯機は家事負担を減らす重要な家電です。

ドラム式洗濯機だけはぜひ導入しましょう。

見える世界や時間が変わります。

だーはら

20代会社員です。
2人目の子どもが産まれて4ヶ月間育休を取りました。
育休期間で楽しかったことや苦しかったことを発信します!
趣味は観劇、映画鑑賞、カープ、サンフレ、料理、マンガなど。
写真は自分ではありません。
こんなダンディーな男になりたい笑

だーはらをフォローする
子育て
スポンサーリンク
シェアする
だーはらをフォローする

コメント